開通に必要になる機器とは?

開通に必要になる機器とは?

個人宅でもビジネスシーンでもユーザーが増えつつあるフレッツ光。今日から使いたいから今すぐに工事を、というわけにはいきません。事前に工事を申し込んで日程を決めていくのですが、フレッツ光を開通させるために必要な機器にはどんなものがあるのでしょうか。ユーザー側が用意するものは何かあるのか、気になるところです。

NTT側が用意するものですが、ひかり電話を契約している場合は、ひかり電話対応のホームゲートウェイが必要になります。ひかり電話を契約しない場合は、ONUと呼ばれる回線終端装置が必要になります。工事の際にNTTの工事担当者がフレッツ光ネクストの設定ガイドとしてCD-ROMを持参してきます・

ユーザー側が用意するものとしてあげられるのは、まずはLANカードかLANボード。これは使用するパソコンにインタフェース(100BASE-TX)が装備されていない場合に限ります。次にLANケーブル(100BASE-TXケーブル)です。ひかり電話を契約する場合は、パソコンとひかり電話対応のホームゲートウェイを接続する際に必要になります。ひかり電話を契約しない場合は、パソコンとONUを接続するために必要になります。このほかには電源タップも必要になります。

    Copyright(C) フレッツ光を知ってインターネット環境を快適に All Rights Reserved.